読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事(スタジオの録音)

 そして今日は、夕方の午後6時からスタジオの録音の仕事がありました。内容は、今月の9日(日)に若草さんのアレンジで録音に参加をさせて頂いた「新・新発田市歌」の合唱バージョンの録音です。ピアノのパート譜に関しても、全て書き譜になるので、数日前にパソコンに送って頂いて、この日の為に練習を重ねていました。

 編成は、杉並児童合唱団の皆さんと松田真人のピアノです。合唱パートとピアノ伴奏の編曲は西田直嗣さん。そして録音には、作詞のたかたかしさんや作曲の若草恵さんも同席をして下さり、午後6時頃から予定通り録音が始まりました。杉並児童合唱団の皆さんも流石に上手でしたが、初めてこの曲を録音すると言う事で、歌い方等色々な点に付いて編曲をされた西田さんからリクエストが出て、録音の前に30分位は部分練習をしたでしょうか。そして録音が始まってからも、すぐにはオーケー・テイクが録れずに何度かトライをして、無事に終了するまでに約1時間20分程度掛かったかと思います。

 僕も自宅で練習を重ねて来たとは言え、兎に角、最初から最後まで集中を切らさないように務め、それも合唱の録音に際しての部分練習にも伴奏で参加をしていたので、集中力が散漫になったりしないように頑張り、最終的にはオーケー・テイクの後、イントロ部分をやり直す程度で無事に終える事が出来ました。

 そして合唱とピアノの録音を終えた後は、9日(日)に録った芹洋子さんが歌われたオーケー・テイクにピアノで歌メロを重ねて、こちらの方の録音は一度の録音ですぐに終える事が出来て、無事に終了と相成りました。今日のような杉並児童合唱団の皆さんとの録音は初めてになりますが、普段のポップスの録音とはまた一味違った雰囲気でした。無事に終える事が出来て、何よりです!