トニー・ベネット「デュエッツ2」

 昨日の夜と今日の夜は、大好きな歌手トニー・ベネットのDVDを鑑賞。昨日は「デュエッツ2」を、そして今日は「トニー・ベネット・ドキュメンタリー」(「デュエッツ2」の録音を中心に作られたメイキング映像)。「デュエッツ」の共演者も素晴らしかったのですが、今回もやはり豪華。レディー・ガガジョン・メイヤーエイミー・ワインハウスマイケル・ブーブレ、k.d.ラング、アレサ・フランクリン、シェリル・クロ、ウィリー・ネルソン、ノラ・ジョーンズ、ジョシュ・グローバン、ナタリー・コール、アンドレア・ボチェッリ、フェイス・ヒル、アレハンドロ・サンス、キャリー・アンダーウッド、等々。それはもう素晴らしくて、特に僕はエイミー・ワインハウスの歌唱にやられました。ですが彼女は、このアルバムが発表された2011年の7月に急死をして、彼女にとってトニーとの共演が生涯最後の録音と言う事になりました。そして今年で90歳になるトニー・ベネットですが、彼の言葉の一つ一つが愛情に満ち溢れていて、正に生きて行く上での人生の指針となるような大切な言葉のように感じられます。昨日そして今日と、そんな素敵に気持ちになれる有意義な時間を持つ事が出来ました。