読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「P.S. アイラヴユー」

 今日観た映画は「P.S. アイラヴユー/P.S. I Love You」(2007年アメリカ映画)と言う、ドラマ、ラブストーリー、そして小説の映画化。リチャード・ラグラヴェネーズ監督作品で、キャストは、ヒラリー・スワンク(女優)ホリー、ジェラルド・バトラー(男優)ジェリー、リサ・クドロー(女優)デニース、ハリー・コニック・Jr(男優)ダニエル、ジーナ・ガーション(女優)シャロンキャシー・ベイツ(女優)パトリシア、その他の皆さん。

 内容は、最愛の夫ジェリーに脳腫瘍で先立たれてしまったヒラリー・スワンク演じるホリー。自暴自棄の日々を送る彼女でしたが、30歳の誕生日に突然亡き夫ジェリーから手紙が届きます。「一体どうやって?」と疑問に苦しむ彼女でしたが、1通、また1通と趣向を凝らして届く手紙の指示に従う内に、彼女の心に新たな光が射して行きます。

 ホリー役を演じているヒラリー・スワンクは、何かの映画で印象に残っていましたが、観終わってからクリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年アメリカ映画)で2度目のアカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・スワンクと知り、そして相手役のジェラルド・バトラーは「300(スリーハンドレッド)」(2007年アメリカ映画)のレオニダス役の彼ですから、一体どんなラブストーリーになるのか興味深く観させて貰いました。じわじわと良くなって来る感じで、全体的にはラブ・コメと言った印象で、後味は良いと思います。他にも「ミザリー/Misery」(1990年アメリカ映画)で、あの怖~いアニー役でアカデミー主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツが優しい母親役で出ています。一応、お薦めかな。