読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「もしも昨日が選べたら」

映画鑑賞

 今日観た映画は「もしも昨日が選べたら/Click」(2006年アメリカ映画)と言う、ドラマ、コメディ、ファンタジー映画。キャストは、アダム・サンドラー(男優)マイケル・ニューマン、ケイト・ベッキンセール(女優)ドナ・ニューマン、クリストファー・ウォーケン(男優)モーティ、デヴィッド・ハッセルホフ(男優)エイマー、ヘンリー・ウィンクラー(男優)テッド・ニューマン、ジュリー・カヴナー(女優)トゥルーディ・ニューマン、ショーン・アスティン(男優)ビル、ジョナ・ヒル(男優)17歳のベン・ニューマン、その他の皆さん。

 内容は、出世の為に、家族との休日の約束も二の次にしがちなアダム・サンドラー演じる建築家のマイケル。家電に弱い彼は、ある夜ホームセンターで、時間を自由自在に消音、巻き戻し、停止、早送り等が出来る、つまり森羅万象、全てが自分の思い通りになる万能リモコンを手にいれます。彼は、日常の嫌な場面をリモコンで早送りし、充実した毎日を過ごすようにするのですが・・・。

 最初は単なるコメディーかな?と思いながら観ていましたが、最後は割と感動的な幕切れとなり、以外と良い印象です!「自分の思い通りになるリモコン」と言うのは、発想的にも面白く映画ならではの感じ。観終わった後は「生きている」こと、その事が素晴らしい!と思えるようになります。あのクリストファー・ウォーケンが、ちょっとばかり胡散臭い役で出ているところも面白いです。そして主人公が最後に「家族が一番大事」と言う辺りは思わず「グッと!」と来てしまい、笑いあり涙ありの良い映画です!お薦めです!