読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」

映画鑑賞

 今日観た映画は「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い/The League of Extraordinary Gentlemen(LXG: The League of Extraordinary Gentlemen)」(2003年アメリカ・ドイツ・チェコ・イギリス合作映画)と言う、 アクションSF、アドベンチャー、ファンタジー、漫画の映画化。キャストは、ショーン・コネリー(男優)アラン・クォーターメイン、スチュアート・タウンゼント(男優)ドリアン・グレイ、シェーン・ウェスト(男優)トム・ソーヤー、ジェイソン・フレミング(男優)ジキル博士&ハイド氏、デヴィッド・へミングス(男優)ナイジェル、リチャード・ロクスバーグ(男優)M、マックス・ライアン(男優)ダンテ、トニー・カラン(男優)ロドニー・スキナー、ナセールディン・シャー(男優)ネモ船長、ペータ・ウィルソン(女優)ミナ・ハーカー、その他の皆さん。

 内容は、1899年、陰惨な"大戦の世紀"が明けようとしていた頃、突如、戦車が倫敦の銀行を襲いました。独逸では飛行船がハンドミサイルの餌食になり、(つまり)未来兵器&世界的悪漢の登場です。19世紀は早くも「失われた時」になろうとしていた丁度その時、謎の男Mが各国の超人たちを招集し始めました。銃で撃たれても死なない男、透明人間、ネモ船長、女性の吸血鬼、ジキル博士&ハイド氏、そして稀代の冒険家クォーターメイン等。これこそが国際連盟ならぬ超人紳士同盟《リーグ・オブ・レジェンド》の誕生だったのです!架空世界の架空歴史によって19世紀の古典作品で良く知られているノスタルジックな主人公達が、世界大戦を引き起こそうとする仮面の武器商人ファントムの陰謀に立ち向かうと言う、何でもありのSFアドベンチャー映画。兎に角、超娯楽映画ですが、この映画もあまり細かい事に拘らなければ、楽しめます!勿論最後はハッピーエンドです!(笑)そして主演のショーン・コネリーはこれ以降、映画に出演しないまま、2006年に引退宣言をしました。